記事の詳細

sen

◆邪魔になった予備校の参考書はどうすればいい!?◆

勉強をするときに心強い味方となってくれるのが各種参考書ですよね。
受験や試験対策で利用する人はほとんどだと思います。
最近はCDやDVDの教材も数多く、併用していることも多いようです。

しかし、シーズンが終了してしまうともう使わなくなります。
使い終わった後はもう必要ないという人も多く居るのではないでしょうか?
部屋の置いておくのもただ邪魔になるだけで、
なんとか処分したいと考えると思います。

もう不要なものですから、廃品回収などに出してしまうという手もあります。
「もういらないし…」でも、捨てるのは少しだけ待ってみませんか?

◆テキストや問題集は売れる!?◆

これら各種テキストや赤本といった教材は、
状態によっては古本屋などで買取してもらえる可能性があります。
たとえシーズンが終わってしまったとしても普段の勉強で使ったり、
次年度の受験対策に使いたいという方も数多く居ます。

これを他の人に役立ててもらい、
そして自分は売ることによってお金がいくらか戻ってくることも可能です。

古本屋といえばブックオフが有名ですよね。
ぜひブックオフへ行き、一度店内を一通り見回してみて下さい。

おそらく店内のどこかには問題集などが置いてあるコーナーがあります。
めくって読んでみていただければわかりますが、とても綺麗な状態ですよね。
綺麗なものであれば、見積によって売値が付くケースが多くなっています。

実店舗に売るのもいいですが、
持ち運びが大変だったり、周りの目が気になったりしませんか。
また、参考書・テキストなど専門書になると
普通の古本屋では安く買い叩かれてしまうケースも多いようです。
そこで、おすすめなのがテキスト類を専門に取り扱っている
宅配買取サービスです。

受験の赤本やCD・DVDなど教材や問題集!大学受験や中学受験の口コミ

CDとやDVDも同じです。
盤面に傷が無くきちんと再生できることが前提ですが、
普段これらを売る際と同じように査定してもらえます。

しかし、もし参考書に付属していた付属品であれば
別々に売ることはほぼ不可能です。
しっかり書籍とセットで買取に出すようにしましょう。

査定してもらうには
「基本的にほぼ新品ど同様か、備品の状態」が前提です。
もしペンなどで書き込みした箇所が多すぎると
売値が安くなるか付かなくなる可能性も残されています。

◆宅配業者に売る際の注意点◆

買取を出す場合は、
美品状態を保っていることが大切です。
普段使用するときは、直接答えを書き込んだり
メモを記入する人も多いのではないでしょうか?

もしも売ることを前提に問題集などを購入する場合、
直接書き込みは出来るだけ避けるようにしましょう。

何も書いていないだけで査定額も上がることが多く、
定価の半額程度で売れたというケースも中にはあるようです。

また、ページを折ることは避け、
しおりを使うのがおすすめです。
折れ曲がりは減額対象となりますので、
これも出来れば避けるようにして下さい。

不要になったカメラを売りたい方は、
こちらからどうぞ。

カメラの買取を強化しているところを探して売るような事をお勧めいたします。
インターネットで検索をすると見つかる可能性が高まります。
さらに、一般のリサイクルショップでも、
カメラを高額査定するようなところも多いです。
近場にあれば、実際に持ち込んでどれくらいの金額にあるのかを確かめてみましょう。

さらに郵送での買い取りサービスも出てきています。
精密機械ですので緩衝材などが重要になりますので、
そちらについては業者の指示に従って梱包されるのがおすすめになります。
梱包キットを送ってくれる業者もあるので、そちらを利用することも考えましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る