記事の詳細

洋服などをリサイクルショップへ売りに行く人は
意外と多いのではないでしょうか?
でも、思ったより安くて二束三文にしかならないことも
あるのではないかと思います。

服はリサイクルショップや古着屋へ行くより
ネットの宅配買取を利用する方がおすすめです。

※査定が高い宅配サービスはこちら

価格の相場を調べることもできるほか、
買い取りの参考価格が掲載されている場合もあります。
特にブランド品を高価買取してもらいたいときには、
こちらのを利用する方がおすすめです。

でも何も知らずに査定に出してしまうと
結局買いたたかれるといったケースもあるようです。
そんなことは絶対イヤですよね。
でも服を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

実はそれにはちょっとしたコツがあるんです。
このコツをいくつか教えたいと思います。

ネットで高値(高い値段)で売る方法

◆価格をしっかりと調べる◆

ネットの宅配買取は様々な会社がシェアを争っています。

ちょっと油断しただけで他社に負けるといったこともあり、
一分一秒を荒そう世界と言っていいかもしれません。

そんな業者間の勝負に負けないように
どこも買い取りには力を入れています。
ブランドごとに値段を掲載していることも多く、
これを参考に売るかやめるか判断ができます。

まずは金額を比較することがポイントです。
※相見積もりで価格を比較する

◆シミやほつれをチェックする◆

服はちょっとしたことですぐほつれたり、
シミができてしまいます。
もしこれらがあった場合値段もガクンと下がってしまうので、
二束三文と言うことも珍しくありません。

話題の断捨離を実践すると、
不要な衣類がたくさん出てきますよね。
手放すには絶好のチャンスですが、
長らく着ていないとどこかにシミが付いていたりします。

ほつれも油断大敵です。
ニットなどの引っかけやすい物は
普段から気をつけておかなくてはいけません。
ちょっとでもほつれていると、
そこから徐々に広がっていきます。

まず見積もりを申し込む前にそれらがないか調べてみて、
もし該当した場合は修復した上で
査定に申し込むことをおすすめします。

◆”流行遅れ”になっていないか◆ 

特にブランド品は要注意です。
ファッションと流行は切っても切れない関係にありますが、
流行が終わってしまった物は安くなりがちです。
購入から2年以内のものが高く売れる傾向にあるため、
もう着る機会がないモノは早い段階で見切りをつけて
売却するのが良いでしょう。

対象としてはアウターやパーカー・
カーディガンといった羽織りなどでしょうか。
無地の物は着回しができますが、
柄物には注意を払わなくてはいけません。
ただどのくらいの値段になるかわかりにくいので、
一端見積もってもらうのが良いと思います。

ネットの宅配サービスはとても便利です。
しかし、高値で売るのは結構大変かもしれません。

少しでも高く査定してもらうために、
以上の点に気をつけてみてください。
※高価査定申し込みはこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る